私の主人は・・・・・^^

家族 comments(0) - fumi

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

これは部屋履きと PC前の足暖房グッツです。暖かいですよ〜 (^_-)-☆

これでしたら電気代もかかりませんから

 

 

実は主人は物を捨てない人なのです。(すべてが必要なものだと言います)でも私ではいじれない主人の領域・・・考えた末一番主なものを1つ私が移したい所に(主人が居ない時に)持って行きました。

帰ってきた主人がそれを見て 「オイオイ 何て事を・・・・・」とは言ってももう整理するしかないのです。笑

「運ぶ時要らない物は捨ててよ」と言うと 「捨てるものはない」と言いつつ 運ぶうちに「ソーカー捨てると見た目も良いのか!!」と 燃えるゴミの袋を広げて入れていきます。

畳3枚の広さなのですが 今大2袋のゴミ 片付け70%です。

スッキリしてきましたよ。これが終わると主人の服を整理してもらうつもりです。

 

どの部屋も整理出来てきましたが子供部屋が今物置になっているのでここを整理すると 終活も終わりが見えてきます。

子供の要らない CD 本を売りに行きます。

今年の大掃除は終了にします。

 

 

言い忘れてましたが 

主人は几帳面なんですよ。貯めても整理はされています。

例えば・・・昭和の時代の領収書が有ったりするの気になる私です。

 

 

 

 

 

 

 

 

柚子胡椒の手作り

家族 comments(2) - fumi

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

旦那様はこのために帰ってきたと ニコニコしながら柚子をもぎ とんがらしを取り 半分作って美味しいの連発です。

そして「お母さんチリ植えてくれてありがとう」何度も言いってくれます。

後の半分は塩を変え柚子の量を変え にんにくを入れ作ると これは私も好きな味でした。

「1週間置くともっと美味しくなる」と一瓶もらいました。「来年は私が作って送るからね。」と言うと「楽しみにしています。」と大喜びでした。

 

 

 

今日はもう帰って行きました。と言っても東京に10日いて遊ぶようです。

昨日お姑さんは(我が家最後の日だというのに)「ミサに行きたい 今日は福山まで連れて行って」と言われ娘は「遠いからダメ」と断ると「じゃあ広島市内まで連れて行って」と言うので私に行ってくると言うので 私も自分勝手に毎日娘を連れだす姑さんに もう我慢できなくなり 娘に文句を言ったのですが、冷静に考えていない方が良いと判断 「行ってきなさい そして晩御飯も食べえてきて もう何もしないから」姑と話合った結果 電車で1人行き終わった頃に迎えに行く事になったのです。 旦那様は笑いながら人差し指で角を出したので 私が「それ違うわよ」と大きな角を表現すると 笑いながら「ごめんなさい」と言われ「私こそ今日1日堪えればよかったのにごめんね」と 言う事で 話は終わりました。

 

 

新幹線まで送り

家に帰ってもシーンとしていますが 今回は全く寂しくなくて これで顔を見なくて済むという気持ちが 私も主人も同じなんです。

娘「2年後には帰るけど こんなに疲れる帰省は二度としたくない お母さんを連れて帰ったのは失敗だった」とため息 送って行く車の中で「日本に来て何が一番楽しかったですか?」と聞くと「すべてが楽しかったので今度は桜の時期に来ます。」

 

私は無言・・・・・  

 

 

 

 

 

 

 

 

明日には帰ります。。

家族 comments(0) - fumi

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

娘が帰っていても我が家の祭りには居ないので 私の実家に招待してくれました。大人12人子供4人久々に楽しいひと時でした。めったに集まることないですからね。たまにはいい物です。

 

わがままな娘の姑明日には帰ります。娘達も一緒に帰りますが 帰る日待つ日々 なのでこんなに別れが辛くないのは初めてです。娘も毎日車の運転で疲れ果てて朝ゆっくり寝ていると あなたはおうちゃくだと 姑に言われたそうです。(それはあなたのせいですよ)やはり口には出さなかったそうです。

私が孫と遊んでいると1人連れて行かれて あれ〜〜〜 

私達の家方が・・・・と上から目線が言葉が解らなくても感じられるような態度にもうんざり

日本の田舎はどの位電気が普及いるのかなんて聞くんですよ。

でも娘の旦那様が 恥ずかしいからやめてと 事々に言っていると聞き 間で辛い思いをしているのは可哀そうです。

私も気にすまいと頑張るのですが 出来ない・・・・・

 

世話になると言いながらも買ってきたものを一人で湯を沸かしお茶を入れ食べるのです。アイロンも勝手に持って上がっているし 冷蔵庫は開けるし 台所もこの方が良いと 物を動かし お客様が来ると真っ先に出ていくし どう見ても私が客人に見えます。

思わず娘に「こんなに楽しくない帰省は二度としないで」と言ってしまいました。

旦那様は気の毒に思ったのでしょう  「子守をしているからお母さんと映画でも見てきたら」と言ってくれたので夜に2人で映画を見てきました。

 

娘とのゆっくりとした時間はこの時だけです。

国が違う事で初めての屈辱・腹立ちです。

 

あ〜〜〜嫌だ もう考えたくないしオーストラリアにも行きたくないと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM